どんなことをするの?ウェブ制作の仕事内容

  • 2020年10月16日
どんなことをするの?ウェブ制作の仕事内容

ウェブサイトの作成とは

ウェブ制作の代表格ともいえる仕事がウェブサイトの作成。企業や団体、個人などの宣伝や広告を掲載し、伝えたいことをアピールすることができます。普段からインターネットを活用している人にとっては馴染み深いものですよね。ネットで調べ物や買い物をしたいときなどは、便利で何度も使ってしまう、という人も多いことでしょう。個人での作成や企業に依頼して作ってもらうことができるため、希望のウェブサイトに合わせた方法を選ぶ必要があります。

ウェブサイトのリニューアルや更新

ウェブサイトを作った後は、運営をしていかなくてはいけません。ウェブサイト全体をリニューアルしたり、情報の更新・追加などをしていきます。作っただけで放置していると、出来立ての頃は見る人が多いかもしれませんが、そのうちだれも訪れない閑散とした状態になってしまうため注意が必要です。せっかく作って公開したのであれば、人気があるウェブサイトにしたいものですよね。定期的に情報を発信しておくと、リピーターを獲得することもできます。

アプリケーションやサービスの開発

インターネットを通して提供されるアプリケーションやサービスの開発に携わることができます。エンジニアとして専門性の高い職種であり、各種プログラム言語の修得が必要です。HTMLやJavaScriptなどを使って、デザイナーが作ったウェブサイトの仕様を実装することもあります。閲覧している人には分からない裏で動いているプログラムを作ることもあるため、縁の下の力持ちとし重宝されることでしょう。

プログラムの設計に合わせてソースコードを記述する作業がコーディングですので、プログラミング言語の知識が必要となります。