スマホ修理には正規店と非正規店の2つがある!?

  • 2020年11月7日
スマホ修理には正規店と非正規店の2つがある!?

正規店と非正規店の違いとは?

スマートフォンを落として画面が割れてしまったり、水没させてしまったりと、思いがけず修理が必要になることは多々ありますよね。スマートフォンの修理には正規店での修理と非正規店での修理の2種類があり、正規店は大手キャリアやスマートフォンメーカーでの修理のことで、非正規店は街にあるスマホ修理を行っている業者のことを意味しています。この2つにはそれぞれメリットがあるので、比較しながら自分に合ったところで修理を行うのが大切です。

正規店で修理を行うメリット

正規店で修理を行うメリットは、メーカーの純正の部品を使用した修理をしてもらうことができ、修理でもなおらない場合は本体自体を交換することができることです。しっかりとした技術を持った技術者が修理にあたるので、修理をしたのにすぐに壊れてしまうことや動作に問題が出るようなことがないので、安心して利用することができるのも正規店のメリットになっています。正規店の場合は、保証サービスに入っていると修理期間中に代わりのスマートフォンを利用することができたり、修理料金を抑えることもできたりするので、修理を行う前に確認してみるのがおすすめです。

非正規店で修理を行うメリット

非正規店で修理を行うことのメリットは、予約などの面倒な手間が必要なく、修理の期間が最短即日で行うことができる点です。正規店の場合はデータを1度リセットする必要があるのに対して、非正規店ではデータを残したまま修理をすることができ、面倒なデータの移行などを行う必要がありません。また、修理業者によって価格が異なっているので、正規店よりも格安での修理を行うこともできます。

大阪でスマホが壊れてしまい、スマホ修理の心斎橋を探している人はまず心斎橋駅前に向かいましょう。御堂筋から少し行った所にスマホ修理店が見られ、それらは客からの評判もよい所ばかりです。